投機とは

投機(とうき)とは、短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為。もともと禅の仏教用語であり、師弟の心機が投合することを言う。投機を表す英語Speculationには、思索・推測の意味が含まれている。

概要
商取引可能な物であれば、全て投機の対象となる可能性があるが、特に株式、商品、不動産、通貨、債券などは、一定規模の市場(マーケット)があり、広く投機の対象となっている。

貨幣経済が発達する前には穀物や貴金属が投機の対象となっていた。日本では長い間米が経済の基本であったことから、流通量が少なく相場が上昇する飢饉の年には売り惜しみや買い占めを招き、主食たる米の小売価格が高騰するだけではなく、農家は自ら口にする米や種籾すら手元に残らず餓死するケースすらあった。米騒動の主因は売り惜しみによる米価の高騰だった。 食管法により公定価格が定められると、投機の対象は他の商品に移り、米相場は消滅した。

変わったところでは、チューリップ、万年青、小鳥、ウサギ(本来は食用だが投機の対象は観賞用に品種改良されたもの)といった生き物まで投機の対象になったことがある。

一般には、「投機」と言う言葉は投資と対義語のように扱われ、否定的に語られる(特に債券関係の格付けで、元本が返済されないリスクが高い=金利の高いものを「投機的」レベルという)。 しかし投機は投資という行為の一形態であり、市場(マーケット)においては流動性を高める働きや、広義のリスクヘッジの機会を提供するものである。一方で、時にバブルなどの市場混乱を引き起こす場合もある。

その他
一般的には、投機はリスクを少なくするものであり、ギャンブルはリスクを多くするものであるとされるが、投機がリスクヘッジとして用いられる場合は、現物との相殺取引の場合のみである。それ以外の場合においては(先物のみの取引の場合)逆にリスクを多くする場合が多い。従ってギャンブルと投機の境界は曖昧である。
投機を主に扱う業者には詐欺的で悪質な業者が多いので、投機を行う際には注意が必要である。
投機に賭博罪が適用される場合もありうる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。